このサイトについて

横浜 夜のバリアーフリーとは?

1859年の開港により、それまで小さな村だった横浜は、様々な技術・文化・人が集まり、いつも新しいモノを受け入れ、創造を繰り返してきました。また一つ、横浜発のイノベーションが始まります。「夜のバリアフリー」楽しんでいってください。

事業の趣旨・目的

  1. 「横浜のナイトタイムのコンテンツ」を、国籍や年齢や障がいに関係なく誰でも気軽に夜の横浜を楽しむことができるようウェブガイドマップシステムを構築し横浜地域限定型で実証実験を実施します。​​
  2. 様々な立場の旅行客の横浜市内滞在時間の延長を図り、横浜地域経済への貢献に繋げます。​ ​
  3. 「ユニバーサルツーリズムの聖地・横浜」を国内外に認知させ、「障がい者」「健常者」分け隔てなく、SDGs先進都市としての横浜から始まるイノベーションの機運醸成を図ります。

具体的な事業内容

横浜に訪問する国内外の障がいのある方、高齢者にターゲットを絞り込み「横浜の夜の楽しみ」を伝達するためのWEBメディアを構築し、株式会社まちづくりプラットフォームと連携しナイトライフに特化したウェブガイドマップページを構築します。​

今回のウェブガイドマップは多言語対応で観光コースや文化施設、トイレ、宿泊施設、交通機関、飲食店などのバリアフリー情報を収集して行きます。

情報収集方法は、横浜移動サービス協議会との連携を図り、「野毛」「関内」「中華街」でのヒアリングを経て横浜移動サービス協議会のメンバーが実際に上記3エリアを回り想定コースを作り上げ、「夜のバリアフリー」に特化したガイドマップに反映していきます。 ​

ガイド育成会を定期的に開催し、「車いすの方が車いすの方にガイド」「健常者が車いすの方にガイド」する、UTガイドを育成し、国内外旅行客にガイドマッチングの仕組みを通じて「有償ガイド」を提供。障がいある方達に雇用の機会を創ります。​

お問い合わせ先

一般社団法人 観光マーケティング協会
〒231-0015神奈川県横浜市中区尾上町3-35 3F
G Innovation Hub Yokohama #216
Tel: 045-270-9744 Fax: 03-5539-3830
担当:角田 琢磨

Facebook Twitter