コース:ミュージアム・博物館めぐり

コース概要

開港の町・横浜は街並みそのものがミュージアム。歴史の証言人たちが旅人に語りかけます。
歴史的建造物や博物館を巡り、最後の締めは異文化交流が盛んだった横浜ならではの味を楽しみます。
心地よい歴史の息吹を感じながら、束の間のタイムトラベルを楽しもう。

ガイドのオススメポイント
むかしの建築物を、一筋縄で入れるようにしてある。

1.JR関内駅南口


ガイドからのポイント
旅のはじまりはここ、関内駅から。
横浜の新たな顔を探す旅へと出発です。
アクセス情報
〒231-0048 神奈川県横浜市中区蓬莱町1丁目
・JR根岸線・京浜東北線・横浜線

arrow-down

2.横浜スタジアム

ガイドからのポイント
いわずとしれた横浜DeNAベイスターズのホームグランド。日本野球発祥の地でもあります。
多くの野球ファンに愛され続ける球場には、思いがけない過去もありました。
コメント
スタジアムの横には小さな庭園がある。横浜公園だ。
その昔、この場所には遊郭があったが、豚屋火事で焼失した。
さらに足を海の方へ向けると、昔、火事を止めるために必要だった用水路が飾ってある。

定休日
12月29日~1月4日
アクセス情報
〒231-0022 神奈川県横浜市中区横浜公園 (TEL:045-661-1251
・JR「関内駅」より徒歩3分
・みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩3分
・市営地下鉄「関内駅」より徒歩3分

arrow-down

3.みなとみらい線日本大通り駅


ガイドからのポイント
日本初の西洋式街路である日本大通の名を与えれた駅の構内には、横浜の歴史を学べる仕掛けがいくつも。
地上へと上がれば、「ジャック」「クイーン」「キング」が待ち構えます。

アクセス情報
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通
・みなとみらい線

arrow-down

4.横浜ユーラシア文化館


ガイドからのポイント
ユーラシア各地の文化資料が保存される博物館。
「砂漠と草原」「色と形」「技」「装う」「伝える」「交流」の6コーナーから異文化に触れよう。
コメント
ここは日本大通りの駅だ。入ると巨大な輪転機が迎えてくれる。
さらに歩みをここ、横浜ユーラシア文化館へと向けた。
建物は昭和初期に建てられた市外電話局のリニューアルだ。東洋学者の故・江上波夫氏から送られた。
数々の特集をやっているが、年代年代の地図は通年で置かれていて面白い。
定休日
開館時間:9:30-17:00(券売は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は次の平日)/年末年始(12月28日~1月3日)
料金
常設展:一般200円 小・中学生100円
※1 毎週土曜は、小・中学生、高校生は無料
※2 横浜市内在住の65歳以上の方は無料(「濱ともカード」などを証明できるものを提示)
※3 「身体障害者手帳」「愛の手帳(療育手帳)」「精神障害者保健福祉手帳」をお持ちの方と介護者は無料(入館の際に手帳を提示)
アクセス情報
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通12 (TEL:045-663-2424
・みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口すぐ
・JR「関内駅」南口より徒歩約10分
・市営地下鉄「関内駅」1番出口より徒歩約10分

arrow-down

5.開港広場公園


ガイドからのポイント
大さん橋と山下公園の通りが交差する角に位置するこの公園は、日米和親条約が締結された場所。
記念碑を目の前に、歴史的瞬間へと想いを馳せよう。
アクセス情報
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町1
・みなとみらい線「日本大通り駅」より徒歩2分
・市営地下鉄「関内駅」より徒歩15分
・JR「関内駅」より徒歩15分

arrow-down

5.横浜開港資料館



ガイドからのポイント
開港百年を記念し編纂された『横浜市史』の収集資料を基礎に、1981年に開館。
中庭に佇む「たまくすの木」は、日米和親条約締結以前から横浜を見守る。
コメント
小さな公園を通り抜けると、そこは横浜開港資料記念館だ。日米和親条約締結の地として有名である。
ここから、日本が動いていったんだなーと思うと感無量!
定休日
開館時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
※閲覧室は10:00-16:30(資料の出納・複写申込は16:00まで)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
※閲覧室は上記休館日のほかに毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)、月末整理日、資料整理週間ほか
料金
一般200円 小・中学生100円
団体(20名以上):一般150円 小・中学生80円
※1 毎週土曜は高校生以下は無料
※2 「濱ともカード」をお持ちの方は無料(入館の際に提示)
※3 「身体障害者手帳」「愛の手帳(療育手帳)」「精神障害者保健福祉手帳」をお持ちの方と介護者は無料(入館の際に手帳を提示)
アクセス情報
〒231-0021 神奈川県横浜市中区日本大通3 (TEL:045-201-2100
・みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口より徒歩2分
・JR「関内駅」より徒歩約15分
・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分
・JR「桜木町駅」より市営バス「日本大通り駅県庁前」「大桟橋」下車、徒歩1分

arrow-down

6.神奈川県庁


ガイドからのポイント
神奈川県を支える庁舎。本庁舎にはキングの呼び名が。
コメント
僕は勝手に一人では入れないが、警備員さんが僕を見ていて、スロープをさっと出してくれた。
ある意味、完璧なバリアフリーだ。
定休日
開庁時間:毎週月曜~金曜 8:30-17:15 (祝日、休日及び12月29日~1月3日を除く)
※施設によっては上記と異なる場合がある

アクセス情報
〒231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通1 (TEL:045-210-1111
・みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口よりすぐ
・JR「関内駅」より徒歩約10分
・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約10分

arrow-down

7.横浜市開港記念会館(ジャックの塔)


ガイドからのポイント
レンガと花崗岩でつくられたこの建物は、国の重要文化財に指定されている。
開港50周年を記念して建てられた建築物には、ジャックの愛称で親しまれる時計塔も。
コメント
ここの入り口は他とはちょっと違って、中庭に可愛らしいエレベーターがついている。
しかし、ここで横浜市が偉いのは、必要最低限しか改造をしていないことだ。
トイレも、周りの雰囲気を壊さないようにつけられている。
定休日
「ジャックの塔」
開館時間:9:00-22:00
見学可能時間:10:00-16:00 
※ボランティアガイド
4~9月 10:00-16:00
10~3月 10:00-15:00
休館日:第4月曜日(祝日、休日の場合は翌日)
12月29日~1月3日

アクセス情報
〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町1丁目6番地 (TEL:045-201-0708
・みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口より徒歩1分
・JR「関内駅」南口より徒歩10分
・市営地下鉄「関内駅」1番出口より徒歩10分

arrow-down

8.神奈川県立歴史博物館


ガイドからのポイント
「かながわの文化と歴史」を総合的に扱う唯一の博物館。
古代・中世・近世・近代・現代/民族と5つに区分けされたテーマごとに、かながわの歴史を巡っていく。
コメント
神奈川県立歴史博物館の建物は、1904年(明治37)に横浜正金銀行の本店して建てられたが、1967年(昭和42)に 増築部分も含めて博物館としてオープンした。神奈川の文化と歴史を総合的に見る事ができる唯一の博物館だ。宝物がいっぱい!!
馬車道の入り口からは真裏になるところに長〜いスロープが付いていて、車いすの場合はここが入り口だ。
旧横浜正金銀行の本店として建てられたネオ・バロック様式の旧館部分と、神奈川県立博物館の開館にあたり増築された新館部分との2つからなり、国の史跡指定を受けている。入れ物自体が既に歴史博物館だ。
残念ながら食べることは出来なかったが、カッコイイ喫茶店があった。
定休日
開館時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(国民の祝日・休日の場合は開館)
年末年始(12月28日~1月4日)
資料整理休館日
その他臨時休館日
料金
常設展:20歳以上:300円 学生/20歳未満:200円 高校生/65歳以上:100円 中学生以下:無料
団体(20名以上)20歳以上:250円 学生/20歳未満:150円 高校生/65歳以上:100円
コレクション展:一律無料
特別展:一律無料
※1 学生・生徒の方は学生証・生徒証、20歳未満・65歳以上の方は年齢の分かるもの(運転免許証など)を受付で提示
※2 「身体障害者手帳」「愛の手帳(療育手帳)」「精神障害者保健福祉手帳」をお持ちの方と介護者2名までは無料(受付で手帳を提示)
アクセス情報
〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通5-60 (TEL:045-201-0926
・みなとみらい線「馬車道駅」3番・5番出口より徒歩1分(エスカレーターは5番出口のみ)
・JR「関内駅」「桜木町駅」より徒歩8分
・市営地下鉄「関内駅」9番出口より徒歩5分

arrow-down

9.勝烈庵馬車道総本店


ガイドからのポイント
1927年創業の老舗カツレツ屋。
外国人コックが居留地関内にもたらした料理を、初代庵主が和風に仕上げた。
コメント
今はなくなってしまった、六道の辻の交差点。勝烈庵はそこにある。
馬車道十番館(洋食)の前に古い公衆電話と牛馬引水槽があり、道を挟んで反対側にあるのが勝烈庵だ。
傾いた歩道を勢いよく開き戸を開けると「いらしゃいませ」と男女の声。カツのいい匂いが鼻をくすぐる。
何にしようかな? ロース! やっぱりロースでしょう。
さーキャベツにたっぷりソースをかけてカツにはチョット。脂がじゅじゅじゅと衣がサクサク。
肉がなんとか離れないように踏ん張るが、職人さんの技を前に、あっさりと白旗を上げるのでした。
定休日
11:00-21:30 (LO:21:00)
無休
料金
(おすすめメニュー 勝烈定食:1,600円)
アクセス情報
〒231-0014 神奈川県横浜市中区常盤町5丁目58-2 (TEL:045-681-4411
・JR「関内駅」北口より徒歩5分
・市営地下鉄「関内駅」9番出口より徒歩1分
※駐車場はなし

Facebook Twitter