U.T.ガイド教育プログラム

一般社団法人観光マーケティング協会は、「観光と福祉」「夜のガイド」「障がい者雇用」の3つの点を重視した「ユニバーサルツーリズム(U.T.)ガイド教育プログラム」の運営を、2020年5月30日からスタートします。プログラムを修了したU.T.ガイドは横浜を訪問する国内外の障がい者、高齢者の皆様に、横浜の夜を楽しむ体験を提供します。
 
「U.T.ガイド教育プログラム」講習会は、認定NPO法人横浜移動サービス協議会が運営するガイドヘルパー研修受講者・福祉有償運送運転者講習受講者を対象に開催します。ガイド養成のための講習は一日で、座学のほか、特に路上実習に力点を置いています。資格取得後、日本語対応のガイドは一般社団法人観光マーケティング協会、インバウンド対応は株式会社SAGOJOがそれぞれ利用者とのマッチングを行います。
 
「ナイトタイムエコノミー」とは、観光庁が地方創生の切り札と位置づけ、文化・経済の両面でまちを活性化させる重要な分野になっています。夜間を含めた形で文化の幅が広がれば、訪日外国人などの訪問客の滞在時間も増え、消費拡大が実現します。また、ユニバーサルツーリズムについては、平成28年4月に施行された「障害者差別解消法」を追い風に大きな成長が見込まれますが、業界団体等が本格的に参入してないのが現状。そこで、「障害者も健常者も、バリアなく楽しめる街・横浜」のブランド化を進め、長期滞在やリピーター化しやすいユニバーサルツーリズム参加者層を早期に取り込んでいくことで、ノウハウを蓄積し、他の地域の日本版DMO等へ展開していきたいと考えています。

お問い合わせ先

一般社団法人 観光マーケティング協会
〒231-0015神奈川県横浜市中区尾上町3-35 3F
G Innovation Hub Yokohama #216
Tel: 045-270-9744 Fax: 03-5539-3830
担当:角田 琢磨

Facebook Twitter